MENU

秋は乾燥対策を欠かさないで

朝晩涼しくなり、季節の変わり目には体調を崩す方も多くなります。

秋に出やすい症状は

・肌あれや皮膚の乾燥
・風邪を引きやすい
・咳が出る
・鼻水、鼻づまり
・便秘
・下痢
・アレルギー など

これらは「肺」や「大腸」の働きが弱まっているから起きる症状です。

乾燥といえば、外から保湿しますが、外側が乾燥しているということは内側(腸)も乾燥している可能性が大きいのです。

中からの保湿には食べ物が一番。
れんこんや里芋や山芋などのネバネバしたものを摂ると良いです。

れんこんは咳止めの作用がありますし、れんこんのしぼり汁は喉の炎症も抑えてくれます。

果物なら梨や柿などもいいですね。

ようするに、旬のものを食べること!
自然の恵みたっぷりの旬の野菜を食べて元気に過ごしましょう。

Follow me!